MYSQLは他のDBと同じようにI/O分散する事でパフォーマンスを大きく向上させることが出来ます。
基本的には、物理的に別のディスク(ディスクヘッドが別)を準備する事でI/O待ちを減らすことが
可能です。
ファイルをそれぞれの場所に分割する事で、I/O分散だけではなくオリジナルディスク領域の
ディスク容量を空ける事も可能です。

以下のファイルはアクセス方法が違う事が多いので分けましょう
Log File     (Sequentialアクセス)
Database File  (Randumアクセス)
Temporary Files (Randum and Sequentialアクセスなど)

=====================================
Windowsでのデータファイルパスの変更方法
=====================================
1. サーバーをSTOPさせる
2. データフォルダー移動、C:\Program Files\MYSQL\MYSQL Server 5.xx\data\移動用DBフォルダー
をG:\MYSQL\DATA\移動先DBフォルダー (名前は変更しておいた方が分かり易い)などへ移動
3. C:\Program Files\MYSQL\MYSQL Server 5.xx\data\ に 「移動用DBフォルダー.sym」という
   ファイル名でテキストファイルを作成する
4. 「移動用DBフォルダー.sym」を編集し、「G:\MYSQL\DATA\移動先DBフォルダー」を記入
5. サーバーをSTARTさせる。

=====================================
Linuxでのデータファイルパスの変更方法
=====================================
1. サーバーをSTOPさせる
2. データフォルダー移動、/usr/local/mysql/data/移動用DBフォルダー
を/home/mysql/data/移動先DBフォルダー (名前は変更しておいた方が分かり易い)などへ移動
3. /usr/local/mysql/data/ に 「移動用DBフォルダー」用のシンボリックリンク作成
   [root@colinux data]#ln -s /home/mysql/data/移動先DBフォルダー 移動用DBフォルダー
4. サーバーをSTARTさせる。

——————- 【Linuxでの例】——————-

1. STOP MYSQL Server
2. データベースフォルダーの移動
move_1

move_2

3. シンボリックリンクの作成
move_3

move_4

4. START MYSQL Server (起動後はデータアクセス確認)
move_5

参考URL

6.6.1.3. 上のデータベースに対するシンボリックリンクの使用

6.6.1. シンボリックリンクの使用

6.6.1.1. Unix 上のデータベースに対するシンボリックリンクの使用


6.6.1.2. Unix 上のテーブルに対するシンボリックリンクの使用

Comments are closed.

Post Navigation