IometerによるディスクI/Oパフォーマンス確認

オペレーティングシステム: すべての 32-bit MS Windows (95/98/NT/2000/XP),
MacOSX, Linux, その他, SunOS/Solaris, Windows NT/2000, Windows XP
Iometer プロジェクト日本語トップページ – SourceForge.JP
Iometer Project

Windows32bit版
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_iometer/downloads/iometer-devel/1.1.0-rc1/iometer-1.1.0-rc1-win32.i386-bin.zip/

Windows64bit版
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_iometer/downloads/iometer-devel/1.1.0-rc1/iometer-1.1.0-rc1-win64.x86_64-bin.zip/

Linux版
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_iometer/downloads/iometer-devel/1.1.0-rc1/iometer-1.1.0-rc1-src.tar.bz2/

以前はIntelのサイトからダウンロード出来たが、現在こちらでダウンロード出来るようです。
インテルは既に開発をやめて、OSDLに提供されたようです。
このツールを利用していたのはベンダーに勤めていた時なので、認識していませんでした。

——————————-
It was originally developed by the Intel Corporation and announced at
the Intel Developers Forum (IDF) on February 17, 1998 – since then it
got wide spread within the industry.

Meanwhile Intel has discontinued to work on Iometer and it was given to the
Open Source Development Lab (OSDL). In November 2001, a project was
registered at SourceForge.net and an initial drop was provided.
——————————-

Windows版をダウンロードして展開
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_iometer/downloads/iometer-devel/1.1.0-rc1/iometer-1.1.0-rc1-win32.i386-bin.zip/

※デスクトップなどの日本語のパスがあるフォルダーに置いたら起動時に
エラーが表示されたので日本語が無いパスに移動した。

実行すると以下のような管理画面とコンソールが表示される。
コンソール

※こちらで、サービス起動してPortリッスンして管理画面などのGUIへサービスを提供しているのかな。

管理画面

Worker
iometerを動作させるWindows上で認識できるCPU数と同じだけ表示される。(追加可)

Targets
テスト対象のロジカルドライブを選択(×)

Maximum Disk Size
Sectors単位で指定。指定しない場合、ハードディスクの空き容量すべてが使用される。
512byte/Sector
iobw.tst(4.76 GB、5,120,000,000 バイト)のテストファイルが自動作成される。
ストレステスト実行後自動で削除されません。

セクターの確認(fsutil fsinfo ntfsinfo C:)
sector
今回は、1GBのファイルでテスト(2000000 Sector)で検証。

# of Outstanding I/Os
Queue Depth:ストレージの単純性能値を計るにはDefault(1)で良さそう。

Starting Disk Sector
使用する場合は、windowsのコマンド(fsutil fsinfo ntfsinfo C:)
によって計算するそうだが、今回はDefaultのまま利用。

Network Targets
今回はローカルなので使用しません。

Access Specifications
こちらにストレステストケースを定義します。
Assigned Access Specifications
定義したテストケースが順番に実行され、テストケースは編集する事が可能です。

カスタマイズ
読み・書き込み、Worker、ブロックサイズ(512B:1KB:2KB:4KB:8KB:16KB:32KB:64KB)

Results Display
ストレステストの結果サマリーを確認。

Test Setup
Run Time
Assigned Access Specificationsで定義した1つのテストケースでサンプリング対象とする実行時間
Ramp Up Time
ストレステストケース実行の事前準備時間

全てのWorkerに設定を入れたらテストを実行してみる。
※実行すると結果を保存する為のCSVファイル(results.csv)を保存する場所を聞かれるので、
適当に場所を選んで保存を選択すると実行開始される。

ファイルが作成されている。(テスト後にマニュアル削除)

実行結果をresultタブでも見る事が出来ます。

CSVファイル(results.csv)の中には詳細の数値データが記録されている。

参考
ベンチマーク:Iometerの設定方法・使用方法、ストレージパフォーマンステスト

Comments are closed.

Post Navigation