DBログが壊れてしまったら(REBUILD_LOG)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1 ------------------システムDBのアップデートを可能に設定

Exec sp_configure 'allow updates',1
Reconfigure with override
Go

2 ------------------DBを緊急モードに設定

Begin Tran
Update master..sysdatabases
Set status = Status | 32768
Where name = 'MyDatabase'

If @@Rowcount = 1
Begin
 Commit tran
 Raiserror('emergency mode set',0,1)
End

Else
Begin
 Rollback
 Raiserror('unable to set emergency mode',16,1)
End

Go

3 ------------------システムDBの更新を禁止にする。

Exec sp_configure 'allow updates', 0
Reconfigure with override

4 ------------------ SQLサーバーを再起動してログを指定して直す

DBCC REBUILD_LOG('MyDatabase','C:\Mydatabase.ldf')

5 ------------------ DBのシングルユーザーモードを解除する。

Alter database Mydatabase Set Multi_User
Go

 

※Check Consistency of Database, if error is exsist get data by bcp

 

Enterp.gif

Query.gif

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: DBログが壊れてしまったら(REBUILD_LOG)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://variable.jp/mt/mt-tb.cgi/37

コメントする

このブログ記事について

このページは、管理者が2007年10月 4日 16:57に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「DB整合性が取れている場合のログ新規作成(sp_attach_single_file_db)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.0