エンジニア以外のメンバーが気軽にデータベースを参照出来るツールは無いかと見てみたら、metabaseは使い勝手が良さそうだなと感じました。

1) アカウントを複数作成出来る
2) グループに分けられる
3) クエリーを使うこともGUIで参照する事も可能
4) Slackやメールとの連携が可能
5) OpenSourceである事。(翻訳に協力しようと考えてます)
6) 管理工数、セットアップが容易
7) ビジネス側のメンバーが容易にグラフで状況を理解する事が可能
8) 非エンジニアでも、SQLを少し学べばカスタマイズ出来る事(日付範囲等)

インストール (CentOS7を利用しています)
Javaのバージョンが要件を満たしていれば、metabase.jarをダウンロードしきて実行するだけ。


[root@GA01 admin]# java -version
openjdk version "1.8.0_191"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_191-b12)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.191-b12, mixed mode)
[root@GA01 admin]# 


[root@GA01 metabase]# wget http://downloads.metabase.com/v0.30.4/metabase.jar
--2018-10-27 21:13:55--  http://downloads.metabase.com/v0.30.4/metabase.jar
downloads.metabase.com (downloads.metabase.com) をDNSに問いあわせています... 52.216.100.114
downloads.metabase.com (downloads.metabase.com)|52.216.100.114|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 117673285 (112M) [application/java-archive]
`metabase.jar' に保存中

[root@GA01 metabase]# java -jar /usr/local/metabase/metabase.jar 
10-27 21:25:49 INFO util.encryption :: 保存された資格情報は、このMetabase Instanceでは無効化されています 🔓 
For more information, see https://www.metabase.com/docs/latest/operations-guide/start.html#encrypting-your-database-connection-details-at-rest
10-27 21:26:44 INFO metabase.core :: MetabseをSTANDALONEモードで起動中
10-27 21:26:44 INFO metabase.core :: configで埋め込みJetty Webserverを起動中: 
 {:port 3000}

10-27 21:26:45 INFO metabase.core :: Metabseバージョンv0.30.4 (8bf182f release-0.30.4)を起動中...
10-27 21:26:45 INFO metabase.core :: システムタイムゾーンは"Asia/Tokyo"です
WARNING: any? already refers to: #'clojure.core/any? in namespace: monger.collection, being replaced by: #'monger.collection/any?
10-27 21:27:05 INFO metabase.core :: Metabse DBを移動設定中。これには時間がかかることがあります。
10-27 21:27:05 INFO metabase.db :: h2データベース接続を確認中...
10-27 21:27:06 INFO metabase.db :: データベース接続を確認... ✅

インストールが終わったら以下のURLにアクセスして初期設定
Default Portは3000ですが、初期設定後に設定画面からURL含めて変更する事が可能です。


http://localhost:3000/setup/

レポーティングとクエリーコンソール

ユーザー管理
アカウントやグループ毎に関連するデータベース接続があっても良いかもしれません。(監査等)
共通アプリケーションアカウントでも問題ありません。
機密情報や重要な情報にアクセス出来ないようにデータベースアカウントの権限を絞ると良いかと思います。

その他、Slack等との連携

なかなか便利なツールです。非エンジニア以外の方にはテンプレートを作成してあげたり、読み込み専用DBにアクセスを分けてあげると安心です。
Let’s enjoy metabase.


サーバーを含むシステムの高速化やビックデータ時代の到来に伴い、
分散処理に注目が集まっている様子。

10年前にHPCCが盛り上がった時にはあまり身近に感じなかったが、
HadoopやMongodbのようにオープンサースで気軽に分散処理出来る
システムが導入出来るようになり、ここ2~3年で再び注目を集めている。
忘れがちだったのだが、ネットワークがボトルネックになる可能性も高いので
システム導入の時点できちんとスケールアウトも含めて設計しておく必要がある。

HPCユーザーが知っておきたいTCP/IPの話
ESnet: http://fasterdata.es.net/
———————————————————-
To make better use of its accumulated knowledge, ESnet has developed this Fasterdata Knowledge Base.
The knowledge base provides provides proven, operationally-sound methods for troubleshooting and
solving performance issues. Our solutions fall into five categories:

Network Architecture, including the Science DMZ model
Host Tuning
Network Tuning
Data Transfer Tools
Network Performance Testing
———————————————————-
上記HPCの資料によるとここら辺もきちんとカスタマイズしておいた方が良さそう。
色々なツールもあるので調査したい場合にインストールして現状把握してみても良いかと思います。
nuttcpなどは再送処理なども見つける事が出来るようです。

■Data Transfer Tools
http://fasterdata.es.net/data-transfer-tools/

■Network Troubleshooting Tools
http://fasterdata.es.net/performance-testing/network-troubleshooting-tools/

■Phil Dykstra’s nuttcp quick start guide
http://wcisd.hpc.mil/nuttcp/Nuttcp-HOWTO.html

例)scamperでMTU含めてネットワークパス確認。
———————————————————————-
http://fasterdata.es.net/performance-testing/network-troubleshooting-tools/scamper/

To install scamper:
wget http://www.wand.net.nz/scamper/scamper-cvs-20110421.tar.gz
tar xvzf scamper-cvs-20110421.tar.gz
./configure; make; make install

[root@ip-xxx-xxx-xxx-xxx1 scamper-cvs-20110421]# ./configure; make; make install
checking for a BSD-compatible install… /usr/bin/install -c
checking whether build environment is sane… yes
checking for a thread-safe mkdir -p… /bin/mkdir -p
checking for gawk… gawk
checking whether make sets $(MAKE)… yes
checking build system type… x86_64-unknown-linux-gnu
checking host system type… x86_64-unknown-linux-gnu
checking how to print strings… printf
checking for style of include used by make… GNU
checking for gcc… gcc
checking whether the C compiler works… yes

[root@ip-xxx-xxx-xxx-xxx1 scamper-cvs-20110421]# dig yahoo.co.jp

; <<>> DiG 9.7.3-P3-RedHat-9.7.3-8.P3.15.amzn1 <<>> yahoo.co.jp
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 24120 ;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 2, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 0 ;; QUESTION SECTION: ;yahoo.co.jp. IN A ;; ANSWER SECTION: yahoo.co.jp. 287 IN A 203.216.243.240 yahoo.co.jp. 287 IN A 124.83.187.140 ;; Query time: 1 msec ;; SERVER: 172.16.0.23#53(172.16.0.23) ;; WHEN: Sun May 27 08:24:32 2012 ;; MSG SIZE rcvd: 61 [root@ip-xxx-xxx-xxx-xxx1 scamper-cvs-20110421]# [root@ip-xxx-xxx-xxx-xxx1 scamper-cvs-20110421]# /usr/local/bin/scamper -c "trace -M" -i 124.83.187.140 traceroute from 10.157.37.241 to 124.83.187.140 1 10.157.36.2 4.163 ms [mtu: 1500] 2 10.1.22.9 0.378 ms [mtu: 1500] 3 175.41.192.21 0.397 ms [mtu: 1500] 4 27.0.0.165 0.321 ms [mtu: 1500] 5 27.0.0.205 7.595 ms [mtu: 1500] 6 27.0.0.188 10.107 ms [mtu: 1500] 7 61.200.80.201 7.698 ms [mtu: 1500] 8 61.200.80.134 7.857 ms [mtu: 1500] 9 61.200.82.138 7.942 ms [mtu: 1500] 10 124.83.128.26 12.923 ms [mtu: 1500] 11 124.83.128.146 9.725 ms [mtu: 1500] 12 124.83.128.146 9.852 ms !X [mtu: 1500] [root@ip-xxx-xxx-xxx-xxx1 scamper-cvs-20110421]#

その他、サーバー側のNICメモリー設定も環境毎に最適化出来る様子。

[root@colinux ~]# /sbin/sysctl -a | grep mem
net.ipv4.udp_wmem_min = 4096
net.ipv4.udp_rmem_min = 4096
net.ipv4.udp_mem = 2324160 3098880 4648320
net.ipv4.tcp_rmem = 4096 87380 4194304
net.ipv4.tcp_wmem = 4096 16384 4194304
net.ipv4.tcp_mem = 196608 262144 393216
net.ipv4.igmp_max_memberships = 20
net.core.optmem_max = 20480
net.core.rmem_default = 129024
net.core.wmem_default = 129024
net.core.rmem_max = 131071
net.core.wmem_max = 131071
vm.lowmem_reserve_ratio = 256 256 32
vm.overcommit_memory = 0
[root@colinux ~]#

[root@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ec2-user]# /sbin/sysctl -a | grep mem
vm.overcommit_memory = 0
vm.lowmem_reserve_ratio = 256 256 32
net.core.wmem_max = 131071
net.core.rmem_max = 131071
net.core.wmem_default = 229376
net.core.rmem_default = 229376
net.core.optmem_max = 20480
net.ipv4.igmp_max_memberships = 20
net.ipv4.tcp_mem = 14679 19574 29358
net.ipv4.tcp_wmem = 4096 16384 626368
net.ipv4.tcp_rmem = 4096 87380 626368
net.ipv4.udp_mem = 14679 19574 29358
net.ipv4.udp_rmem_min = 4096
net.ipv4.udp_wmem_min = 4096
[root@ip-xxx-xxx-xxx-xxx ec2-user]#

補足:
Windowsに関しては、Windows2008からいくつか注意しておくべき事がありそうです。

TCP 受信ウィンドウの自動調整機能が機能しない正しくで Windows Server 2008 R2

All the TCP/IP ports that are in a TIME_WAIT status are not closed after 497 days

Scalable Networking Pack をご存知ですか?