ハードリンク

ハードリンクは元のファイルとiノードが同じで,どちらか変更したら同一の実体にも

変更を加える事になります。ハードリンクが存在する場合は,その全てを削除するまでは

ファイルの実体を削除する事は出来ません。

*ハードリンクはiノードで管理されているので,異なるファイルシステムには作成する事は出来ません。

ディレクトリーのハードリンクを作成する事も出来ません。

 

シンボリックリンク

シンボリックリンクはファイルの元の場所を指し示します。リンク元へのポインターを持っています。

シンボリックリンクを残したままファイルを削除する事も可能です。但しリンクはエラーになります。

ハードリンクと異なり,他のファイルシステムへもリンクを貼ることが出来ます。またディレクトリーの

リンクも作成することが可能です。

 

シンボリックリンクをコピーする時は,”-d”オプション付きでコピーするとリンク自体をコピーできます。

[root@localhost linktest]# ls -li
合計 60
1436427 -rw-r–r– 1 root root 516  9月 16 23:00 error.log
1436428 -rw-r–r– 2 root root 401  9月 16 23:00 red.log
1436428 -rw-r–r– 2 root root 401  9月 16 23:00 red_hard.log
1436433 lrwxrwxrwx 1 root root   7  9月 16 23:01 red_sym.log -> red.log
1436429 -rwxr-xr– 1 root root 149  9月 16 23:00 test.log
1436430 -rw-r–r– 1 root root 187  9月 16 23:00 test1.log
1436431 -rw-r–r– 1 root root 374  9月 16 23:00 test2.log
1436432 -rw-r–r– 1 root root 374  9月 16 23:00 test3.log

[root@localhost linktest]# cp red_sym.log cp_red_sym.log
[root@localhost linktest]# cp -d red_sym.log cp_d_red_sym.log
[root@localhost linktest]# ls -l
合計 72
lrwxrwxrwx 1 root root   7  9月 16 23:11 cp_d_red_sym.log -> red.log
-rw-r–r– 1 root root 401  9月 16 23:11 cp_red_sym.log
-rw-r–r– 1 root root 516  9月 16 23:00 error.log
-rw-r–r– 2 root root 401  9月 16 23:00 red.log
-rw-r–r– 2 root root 401  9月 16 23:00 red_hard.log
lrwxrwxrwx 1 root root   7  9月 16 23:01 red_sym.log -> red.log
-rwxr-xr– 1 root root 149  9月 16 23:00 test.log
-rw-r–r– 1 root root 187  9月 16 23:00 test1.log
-rw-r–r– 1 root root 374  9月 16 23:00 test2.log
-rw-r–r– 1 root root 374  9月 16 23:00 test3.log
[root@localhost linktest]#

【 ハードリンクとシンボリックリンク】

symlink.jpg

Comments are closed.

Post Navigation