INNODBテーブルのデフラグメント化

■調査
mysql> show table status like ‘T1’\G
*************************** 1. row ***************************
Name: T1
Engine: InnoDB
Version: 10
Row_format: Compact
Rows: 12
Avg_row_length: 1365
Data_length: 16384
Max_data_length: 0
Index_length: 0
Data_free: 4194304
Auto_increment: 13
Create_time: 2009-02-06 11:54:08
Update_time: NULL
Check_time: NULL
Collation: utf8_general_ci
Checksum: NULL
Create_options:
Comment:
1 row in set (0.00 sec)

mysql>

■メンテナンス
mysql> ALTER TABLE T1 ENGINE=INNODB;
Query OK, 12 rows affected (0.06 sec)
Records: 12 Duplicates: 0 Warnings: 0

————————————————————————————–
ALTER TABLE 操作を定期的に実行すればインデックス スキャンの速度を上げる
事ができます:
それによって MySQL はテーブルを再構成します。デフラグ操作を行う別の方法は、
テーブルをテキスト ファイルにダンプし、テーブルをドロップし、
そしてそれをダンプ ファイルから再ロードする為に mysqldump を利用する事です。

Comments are closed.

Post Navigation