mysqlimport — データインポートプログラム

mysqlimportクライアントはLOAD DATA INFILESQLステートメントに
コマンドラインインターフェースを提供します。 mysqlimportに対する殆どの
オプションはLOAD DATA INFILE構文の節に直接対応しています。

mysqlimportは以下のように起動


shell> mysqlimport [options] db_name textfile1 [textfile2 …]

コマンドラインで名づけられた各テキストファイルごとに、mysqlimportは
ファイルネームの拡張を取り除き、結果をファイルの内容をインポートする
テーブルの名前を決定します
。例えば、patient.txt、patient.text、そしてpatientと
名づけられたファイルは全てpatientと名づけられたテーブルにインポートされます。

[root@colinux ~]# mysql -e 'CREATE TABLE MYSQLIMP(id INT, n VARCHAR(30))' TEST -
u root -p

Enter password:
[root@colinux ~]# ed
a
100 MysqlImport Test
101 Good Luck
.
w MYSQLIMP.txt
35
q
[root@colinux ~]# od -c MYSQLIMP.txt
0000000 1 0 0 \t M y s q l I m p o r t
0000020 T e s t \n 1 0 1 \t G o o d L u
0000040 c k \n
0000043
[root@colinux ~]# mysqlimport --local TEST MYSQLIMP.txt -u root -p
Enter password:
TEST.MYSQLIMP: Records: 2 Deleted: 0 Skipped: 0 Warnings: 0
[root@colinux ~]#

[root@colinux ~]# mysql -e 'select * from MYSQLIMP' TEST -u root -p
Enter password:
+——+——————+
| id | n |
+——+——————+
| 100 | MysqlImport Test |
| 101 | Good Luck |
+——+——————+
[root@colinux ~]#

※テーブルとファイルを作成してインポート
mysqlimport

※SELECTしてインポートされた事を確認。
mysqlimport_result

Comments are closed.

Post Navigation