READ LOCAL と READ は、どのように違うのだろう?

———————————– 抜粋 ———————————–
READ LOCAL と READ の違いは、READ LOCAL は、ロックされている間に非対立 INSERT ステートメント(並列挿入)が実行される事を許容するという事です。しかし、もしロックを保持している間に MySQL の外部でデータベース ファイルを複製しようとすると、これを利用する事はできません。 InnoDB テーブルに対しては、READ LOCAL は READ と同じです。

オリジナル本文
——————————————————————————

    テーブル全体に対してロックを実行(LOCK TABLES )

READ:読み取りは許可、書き込みは不可
WRITE:読み取り、書き込み共に不可がある。

    LOCK TABLESでロックしたテーブルを全て解除(UNLOCK TABLES)

UNLOCK TABLES実行
LOCK TABLESを発行したMySQLセッションが終了

lock

【MYSQL LOCK LEVEL】
━ TABLE LEVEL LOCK(テーブルレベルロック) ENGINE: MYISAM、 MEMORY、 MERGE 
━ PAGE LEVEL LOCK(ページレベルロック) ENGINE:  BDB
━ ROW-LEVEL LOCK(行ロック) ENGINE:  INNODB

Comments are closed.

Post Navigation