普段MYSQLをWindowsで利用する事がないので、一応最低限の
事は知識として知っておこうと思い覚書。。。

MySQL はすべての Windows プラットフォームで TCP/IP をサポートしています。
platforms.mysqld-nt サーバは Windows NT、2000、XP、および 2003 上の名前付きパイプ
をサポートしています。しかし、デフォルトではプラットフォーに関係なく TCP/IP を使用します。
(名前付きパイプは多くの Windows 設定では TCP/IP より低速です。)

名前付きパイプの使用は以下の条件

1) 名前付きパイプはサーバを –enable-named-pipe オプションで起動したときのみ有効
です。このオプションは明示的に使用する必要があります。
2)名前付きパイプの接続は mysqld-nt サーバにのみ可能で、サーバが名前付きパイプを
サポートしている Windows のバージョン (NT、2000、XP、2003) で動作している時のみ
使用できます。
3)これらのサーバは Windows 98 あるいは Me でも動作しますが、TCP/IP がインストール
されている時のみで、名前付き接続は使用できません。
4)これらのサーバは Windows 95 では動作しません。

    接続プロトコルとOSによる接続の違い

==============================================
TCP/IP
==============================================
全てのOSで使用可能
リモート、ローカルで使用可能
--skip-networking optionを指定してMYSQLを起動すると無効になる。

==============================================
Unix Socket file
==============================================
Unix系 OS
ローカル接続のみ
TCP/IPよりパフォーマンスが良い

==============================================
Named pipe
==============================================
Windows OS
ローカル接続のみ
mysql-nt,mysql-max-nt
--enable-named-pipe optionを使用しサーバを起動必要あり
TCP/IPより遅い

==============================================
Shared memory
==============================================
Windows OS
ローカル接続のみ
--shared-memory optionを使用しサーバを起動必要あり

2.3.8. MySQL サーバ タイプの選択

Comments are closed.

Post Navigation