REPLACEオプションで指定したテーブルに対して、
まったく同じデータをIGNOREオプションを指定してLOADしてみました。

IGNORE を指定すると、 固有キー値上の、既存行を複製するインプット行はスキップされます。
もしどちらのオプションも指定しなければ、その動作は LOCAL キーワードが指定されたかどうかによって
決まります。LOCAL を利用すると、複製キー値が見つかった時点でエラーが発生し、テキスト ファイル
の残りは無視されます。LOCAL を使用しなければ、デフォルトの動作は IGNORE が指定された時と
同じです。これは、サーバは操作の最中にファイルの送信を中止する事ができないからです。

mysql> LOAD DATA INFILE '/tmp/MYSQLIMP.txt' IGNORE INTO TABLE MYSQLIMP;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
Records: 4 Deleted: 0 Skipped: 4 Warnings: 0

メモ
①テキストファイルから4ラインが読み込まれた
②4件のデータが同じ値だったのでSKIPされた。(PKあり)

load_data_infile_ignore

Comments are closed.

Post Navigation