LOAD DATA INFILEでもMYSQLIMPORTコマンドのどちらでもデータを
テーブルにIMPORTできるのでどちらでも良いのですが、
バッチから利用するのであればMYSQLIMPORTの方が楽なのかな?
慣れればどちらも良いですが..

1) テストtableの作成
mysql -e 'CREATE TABLE M_IMPORT(id INT,n varchar(10))' STUDY -u root -p

2) テスト用テキストファイルの作成

3) データファイルのIMPORT
mysqlimport --local STUDY M_IMPORT.txt -u root -p

4) IMPORTしたデータの確認
mysql -e 'select * from M_IMPORT' STUDY -u root -p

mysqlimport_2nd
※ IMPORTするテキストファイル名はIMPORT先のテーブル名と同じ。

[od コマンド]
od バイナリ・ファイルの内容を閲覧する

od [-abcdfhiloxv] [-s[bytes]] [-w[bytes]] [-A radix] [-jbytes] [-N bytes] [-t type]
[–skip-bytes=bytes][–address-radix=radix] [–read-bytes=bytes] [–format=type]
[–output-duplicates] [–strings[=bytes]][–width[=bytes]] [–traditional] [file…]

MYSQLIMPORT復習
【 od 】 バイナリ・ファイルの内容を閲覧する
Linuxコマンド集

Comments are closed.

Post Navigation