LIMIT 条項は SELECT ステートメントに返された行数を制限するのに利用する事ができます。
LIMIT は、負数以外の整数定数でなければいけない、1つか2つの数値引数を取ります。
(準備されたステートメントを利用している時以外)

その2つの引数のうち、最初の物は返される最初の行のオフセットを指定し、2つめの物は返される行の
最高数を指定します。冒頭の行のオフセットは0です。(1ではありません)

SELECT * FROM tbl LIMIT 5,10; # Retrieve rows 6-15

1つの引数で、その値は結果セットの最初から返される行数を指定します。

SELECT * FROM tbl LIMIT 5; # Retrieve first 5 rows

言い換えると、LIMIT row_count は LIMIT 0, row_count と同等だという事になります。

1行返します

SET @a=1; /* SELECT @a :=1 */
PREPARE STMT FROM 'SELECT * FROM City LIMIT ?';
EXECUTE STMT USING @a;

prepare_limit

2行目から6行目を返します

SET @skip=1; SET @numrows=5;
PREPARE STMT FROM 'SELECT * FROM City LIMIT ?, ?';
EXECUTE STMT USING @skip, @numrows;

prepare_limit_row

1行目~5行目まで
prepare_limit_row_0

Comments are closed.

Post Navigation