Google Maps API Version 3についての確認

1)API Key不要(V2までは取得が必要だった)
2)iPhone/Android対応
3)JavaScriptの書き方変更

    ヘッダーに以下のGoogle Map API V3の指定箇所を追記。

それぞれ、”script”タグで閉じる。

個人の場合
src=”http://maps.google.com/maps/api/js?v=3&sensor=false type=”text/javascript”

Googleと契約している場合
src=”http://maps.google.com/maps/api/js?v=3&sensor=false&client=gme-指定されたID&channel=チャネル指定用” type=”text/javascript”

function initialize() {
var latlng = new google.maps.LatLng(35.710269,139.811146);
var opts = {
zoom: 15,
center: latlng,
mapTypeId: google.maps.MapTypeId.ROADMAP
};
var map = new google.maps.Map(document.getElementById(“map_v3”), opts);
}

sensor=
位置検知センサー(GPS)があるスマートフォンなどの機器ではsensor=true
一般的なパソコン用の地図なら、sensor=false とするそうです。

    BODYに以下のGoogle Map APIを呼び出す追記

BODY BGCOLOR=”#ffffee” onload=”initialize()”
………………………….
div id=”map_v3″ style=”width: 500px; height: 500px”
………………………….

Google Map Ver3

Google Map Ver3

注意:Google Map API for BusinessでクライアントIDやChannelを指定する場合は、Defaultだと地図上に詳細(ガスステーション、ホテル)
などが表示されない場合があるので以下の設定を必要に応じて調整する必要があります。

Google Maps JavaScript API V3 のマップ タイプ

抜粋
————————————————————————-
visibility(on、off、または simplified)は、地図に要素を表示するかどうかとその表示方法を指定します。
simplified 表示状態は、地図でこれらの要素の表現方法を見やすいように簡略化することを指定します
(たとえば、道路の構造を簡略化すると表示される道路の数が少なくなる可能性があります)。

参考:緯度経度
http://www.geocoding.jp/
http://gmaps-samples-v3.googlecode.com/svn/trunk/styledmaps/wizard/index.html

Comments are closed.

Post Navigation