Etherrealは昔からネットワーク解析ツールとして、
Linuxで長期に利用されてきたツールでしたが、
理由があって名前をWiresharkにして存続しているようです。

Wireshark

ネットワークを介して通信するパケットを収集し、
その内容や送信先などを解析することができます。

Wiresharkプロジェクト
http://sourceforge.jp/projects/wireshark/
Download Page
http://sourceforge.jp/projects/wireshark/releases/ (1.4.13)
http://www.wireshark.org/download.html (1.6.8)

1) ダウンロード

Wireshark Install_1

2) SET UP

Wireshark Install_2

3) INSTALL OPTION

Wireshark Install_3

4) INSTALL PATH

Wireshark Install_4

5) INTALL WINPCAP

Wireshark Install_5

6) INSTALL WINPCAP License Info

Wireshark Install_6

7) WINPCAP BOOT OPTION

Wireshark Install_7

8) WINPCAP END OF INSTALL

Wireshark Install_8

9) WIRESHARK INSTALLATION FINISHED

Wireshark Install_9

10) WIRESHARK起動

Wireshark Install_9

11) PACKET CAPTURE TEST
ACCESS TO YAHOO

Wireshark Install_10

11) PACKET CAPTURE RESULT

Wireshark Install_11

12) PACKET CAPTURE RESULT AND FILTER

Wireshark Install_12

その他、フィルター項目に関しては色々と選択出来ます。
また、特定のアクセスフローのみを追う事も可能です。

参考:
ネットワークのトラブル解析などに利用できるネットワークアナライザー「Wireshark」の使い方
RPCAPによるリモートパケットモニター

Comments are closed.

Post Navigation