MYSQLレプリケーションレビュー
 MYSQLでレプリケーション設定してある環境にてスレーブを追加する方法の再確認。

基本設定レビュー
MYSQL Replication Review
メンテナンス時の動作・挙動レビュー
MYSQL Replicationスレーブ停止と再開

環境
——————————
├─マスターDB(HOME001)
├─スレーブDB(HOME002)
└─スレーブDB (colinux) 新規追加

[root@HOME002 ~]# mysql -e "select @@version" -u root -p
Enter password:
+------------+
| @@version  |
+------------+
| 5.5.29-log |
+------------+
[root@HOME002 ~]#

スレーブDB(colinux)にインストールされていたMYSQLは古いバージョンだったので、
削除してHOME002からMYSQLフォルダー全部(MYSQLバイナリー、データ)を新しいスレーブにコピー。
my.cnfも既存スレーブからコピーしてserver-id だけ変更して利用。
コピー時は一時的にHOME002のMYSQLサービスを停止しましたが、STOP SLAVEしてバックアップ取得しても良い。

新規スレーブにコピーしたフォルダーの権限をMYSQLユーザーに所有権変更

[root@colinux mysql]# chown -R mysql:mysql mysql-5.5.29-linux2.6-i686/

既存スレーブのserver-id on my.cnf

[root@HOME002 ~]# hostname
HOME002.localdomain
[root@HOME002 ~]#  cat /etc/my.cnf | grep server-id | egrep -v ^#
server-id       = 2
[root@HOME002 ~]#

新規スレーブのserver-id on my.cnfを変更して既存スレーブと衝突しないよう調整

[root@colinux data]# hostname
colinux
[root@colinux data]# cat /etc/my.cnf | grep server-id | egrep -v ^#
server-id       = 3
[root@colinux data]#

マスターDBに新しいスレーブが接続出来るようにアカウントの追加

mysql> GRANT REPLICATION SLAVE ON *.* TO slave_user@'colinux' IDENTIFIED BY 'パスワード';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> flush privileges;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

新規追加したスレーブにてMYSQLのサービスを起動してエラーが無いことを確認

mysql> show slave status\G
*************************** 1. row ***************************
               Slave_IO_State: Waiting for master to send event
                  Master_Host: HOME001
                  Master_User: slave_user
                  Master_Port: 3306
                Connect_Retry: 60
              Master_Log_File: mysql-bin.000014
          Read_Master_Log_Pos: 1100
               Relay_Log_File: relay-bin.000019
                Relay_Log_Pos: 1246
        Relay_Master_Log_File: mysql-bin.000014
             Slave_IO_Running: Yes
            Slave_SQL_Running: Yes
              Replicate_Do_DB:
          Replicate_Ignore_DB: mysql,performance_schema
           Replicate_Do_Table:
       Replicate_Ignore_Table:
      Replicate_Wild_Do_Table:
  Replicate_Wild_Ignore_Table:
                   Last_Errno: 0
                   Last_Error:
                 Skip_Counter: 0
          Exec_Master_Log_Pos: 1100
              Relay_Log_Space: 1396
              Until_Condition: None
               Until_Log_File:
                Until_Log_Pos: 0
           Master_SSL_Allowed: No
           Master_SSL_CA_File:
           Master_SSL_CA_Path:
              Master_SSL_Cert:
            Master_SSL_Cipher:
               Master_SSL_Key:
        Seconds_Behind_Master: 0
Master_SSL_Verify_Server_Cert: No
                Last_IO_Errno: 0
                Last_IO_Error:
               Last_SQL_Errno: 0
               Last_SQL_Error:
  Replicate_Ignore_Server_Ids:
             Master_Server_Id: 1
1 row in set (0.00 sec)

mysql>

上記設定が完了したら、実際にマスターDBにデータを入れて基本動作を確認してみる。

マスターDBにてデータ追加
add slave

既存スレーブ
slave1

新規追加スレーブ
slave2

マスターと各スレーブが同期されエラーログが記録されて無い事を確認して終了。

「留意」
マスターはマルチスレッド処理だが、スレーブ側処理はシングルスレッドなのでマスターが
64bitやメモリー増設して処理が高速化するとスレーブ側は遅延する可能性がある。

MySQL/レプリケーション

スレーブへのレプリケーションのタイムラグを解消
innodb_flush_log_at_trx_commit=2

Comments are closed.

Post Navigation