WSL1からWSL2への更新

これまで20年弱、Windows上でLinuxシステムを利用する為に色々な方法で対応してきたけど、WSL2のリリースでひと段落ついた印象です。
Virtual Boxを利用したりしてデモしたり、検証したりする事も多かったですが、Windowsの環境の変化によってインストールに手間がかかるケースも多々ありました。
WSLであればWindows Nativeだし、互換性等は気にする事が減るのは有難い。WLS2はHyper-Vなどが利用出来ないWindows Home Editionでも動くのも尚良し。
更に、WSL1とWSL2共に共存出来るので使い分け可能だし、WSL2ではWSL1では利用出来なかったソフトも利用可能。Windows 3.11の頃からWindowsを利用している自分としては、
これからもWindows一択で問題は無さそう。

Windowsバージョン

Windows 10 用 Windows Subsystem for Linux のインストール ガイド
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/install-win10

仮想マシン プラットフォーム のオプション コンポーネントを有効にする


PS C:\WINDOWS\system32> dism.exe /online /enable-feature /featurename:VirtualMachinePlatform /all /norestart

展開イメージのサービスと管理ツール
バージョン: 10.0.19041.1

イメージのバージョン: 10.0.19041.264

機能を有効にしています
[==========================100.0%==========================]
操作は正常に完了しました。
PS C:\WINDOWS\system32>

WSL 2 Linux カーネルの更新
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/wsl2-kernel

WSL 2 を既定のバージョンとして設定する

PS C:\WINDOWS\system32> wsl --set-default-version 2
WSL 2 との主な違いについては、https://aka.ms/wsl2 を参照してください
PS C:\WINDOWS\system32>

ディストリビューションのバージョンを WSL 1 または WSL 2 に設定

PS C:\WINDOWS\system32> wsl --list --verbose
  NAME            STATE           VERSION
* Ubuntu-18.04    Stopped         1
PS C:\WINDOWS\system32> wsl --set-version Ubuntu-18.04 2
変換中です。この処理には数分かかることがあります...
WSL 2 との主な違いについては、https://aka.ms/wsl2 を参照してください
変換が完了しました。
PS C:\WINDOWS\system32> wsl --list --verbose
  NAME            STATE           VERSION
* Ubuntu-18.04    Stopped         2
PS C:\WINDOWS\system32>

Comparing WSL 2 and WSL 1
https://docs.microsoft.com/en-us/windows/wsl/compare-versions

備考:慣れたコンソールを利用する為にSSHアクセスの設定

root@DESKTOP-9DIOKCA:~# ssh-keygen -A
ssh-keygen: generating new host keys: RSA DSA ECDSA ED25519
root@DESKTOP-9DIOKCA:~# service ssh restart
 * Restarting OpenBSD Secure Shell server sshd                                                                                                                                              [ OK ]
root@DESKTOP-9DIOKCA:~#

root@DESKTOP-9DIOKCA:~# systemctl enable ssh
Synchronizing state of ssh.service with SysV service script with /lib/systemd/systemd-sysv-install.
Executing: /lib/systemd/systemd-sysv-install enable ssh
root@DESKTOP-9DIOKCA:~#

Comments are closed.

Post Navigation