MYSQLは他のDBと同じようにI/O分散する事でパフォーマンスを大きく向上させることが出来ます。
基本的には、物理的に別のディスク(ディスクヘッドが別)を準備する事でI/O待ちを減らすことが
可能です。
ファイルをそれぞれの場所に分割する事で、I/O分散だけではなくオリジナルディスク領域の
ディスク容量を空ける事も可能です。

以下のファイルはアクセス方法が違う事が多いので分けましょう
Log File     (Sequentialアクセス)
Database File  (Randumアクセス)
Temporary Files (Randum and Sequentialアクセスなど)

=====================================
Windowsでのデータファイルパスの変更方法
=====================================
1. サーバーをSTOPさせる
2. データフォルダー移動、C:\Program Files\MYSQL\MYSQL Server 5.xx\data\移動用DBフォルダー
をG:\MYSQL\DATA\移動先DBフォルダー (名前は変更しておいた方が分かり易い)などへ移動
3. C:\Program Files\MYSQL\MYSQL Server 5.xx\data\ に 「移動用DBフォルダー.sym」という
   ファイル名でテキストファイルを作成する
4. 「移動用DBフォルダー.sym」を編集し、「G:\MYSQL\DATA\移動先DBフォルダー」を記入
5. サーバーをSTARTさせる。

=====================================
Linuxでのデータファイルパスの変更方法
=====================================
1. サーバーをSTOPさせる
2. データフォルダー移動、/usr/local/mysql/data/移動用DBフォルダー
を/home/mysql/data/移動先DBフォルダー (名前は変更しておいた方が分かり易い)などへ移動
3. /usr/local/mysql/data/ に 「移動用DBフォルダー」用のシンボリックリンク作成
   [root@colinux data]#ln -s /home/mysql/data/移動先DBフォルダー 移動用DBフォルダー
4. サーバーをSTARTさせる。

——————- 【Linuxでの例】——————-

1. STOP MYSQL Server
2. データベースフォルダーの移動
move_1

move_2

3. シンボリックリンクの作成
move_3

move_4

4. START MYSQL Server (起動後はデータアクセス確認)
move_5

参考URL

6.6.1.3. 上のデータベースに対するシンボリックリンクの使用

6.6.1. シンボリックリンクの使用

6.6.1.1. Unix 上のデータベースに対するシンボリックリンクの使用


6.6.1.2. Unix 上のテーブルに対するシンボリックリンクの使用


ハードリンク

ハードリンクは元のファイルとiノードが同じで,どちらか変更したら同一の実体にも

変更を加える事になります。ハードリンクが存在する場合は,その全てを削除するまでは

ファイルの実体を削除する事は出来ません。

*ハードリンクはiノードで管理されているので,異なるファイルシステムには作成する事は出来ません。

ディレクトリーのハードリンクを作成する事も出来ません。

 

シンボリックリンク

シンボリックリンクはファイルの元の場所を指し示します。リンク元へのポインターを持っています。

シンボリックリンクを残したままファイルを削除する事も可能です。但しリンクはエラーになります。

ハードリンクと異なり,他のファイルシステムへもリンクを貼ることが出来ます。またディレクトリーの

リンクも作成することが可能です。

 

シンボリックリンクをコピーする時は,”-d”オプション付きでコピーするとリンク自体をコピーできます。

[root@localhost linktest]# ls -li
合計 60
1436427 -rw-r–r– 1 root root 516  9月 16 23:00 error.log
1436428 -rw-r–r– 2 root root 401  9月 16 23:00 red.log
1436428 -rw-r–r– 2 root root 401  9月 16 23:00 red_hard.log
1436433 lrwxrwxrwx 1 root root   7  9月 16 23:01 red_sym.log -> red.log
1436429 -rwxr-xr– 1 root root 149  9月 16 23:00 test.log
1436430 -rw-r–r– 1 root root 187  9月 16 23:00 test1.log
1436431 -rw-r–r– 1 root root 374  9月 16 23:00 test2.log
1436432 -rw-r–r– 1 root root 374  9月 16 23:00 test3.log

[root@localhost linktest]# cp red_sym.log cp_red_sym.log
[root@localhost linktest]# cp -d red_sym.log cp_d_red_sym.log
[root@localhost linktest]# ls -l
合計 72
lrwxrwxrwx 1 root root   7  9月 16 23:11 cp_d_red_sym.log -> red.log
-rw-r–r– 1 root root 401  9月 16 23:11 cp_red_sym.log
-rw-r–r– 1 root root 516  9月 16 23:00 error.log
-rw-r–r– 2 root root 401  9月 16 23:00 red.log
-rw-r–r– 2 root root 401  9月 16 23:00 red_hard.log
lrwxrwxrwx 1 root root   7  9月 16 23:01 red_sym.log -> red.log
-rwxr-xr– 1 root root 149  9月 16 23:00 test.log
-rw-r–r– 1 root root 187  9月 16 23:00 test1.log
-rw-r–r– 1 root root 374  9月 16 23:00 test2.log
-rw-r–r– 1 root root 374  9月 16 23:00 test3.log
[root@localhost linktest]#

【 ハードリンクとシンボリックリンク】

symlink.jpg