ランレベル別のディレクトリ(/etc/rc.d/rc*.d)にあるファイル(実際には各プログラムの起動スクリプトへのリンク)の名前により、各ランレベルで実行するプログラムを指定している。

0 停止
1 シングルユーザーモード
2 マルチユーザーモード(テキストログイン,Network無し)
3 通常のマルチユーザーモード(テキストログイン)
4 未使用
5 マルチユーザーモード(グラフィカルログイン)
6 再起動
S シングルユーザーモード(/etc/rc.d/rc.sysinitを実行)

[root@localhost ~]# ls -l /etc/rc.d/rc.sysinit
-rwxr-xr-x 1 root root 26613  3月 22  2007 /etc/rc.d/rc.sysinit
[root@localhost ~]#

「S」はStart
「K」はKill
KやSに続く数字は、実行されるスクリプトの優先順位だ。数字の小さいスクリプトから順に実行される。

rc_2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Webサービス等の起動ファイルが/etc/init.d/に配置されていて,/etc/rc*.d以下のファイルはシンボリックリンクに設定。 

rc.jpg

chkconfigでも設定確認できる。(RH系ディストリビューション)

[root@localhost ~]# /sbin/chkconfig –list mysqld
mysqld          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
[root@localhost ~]#

[root@localhost ~]# runlevel
N 3  ←現在のRun Level
[root@localhost ~]#

ランレベルの変更をするには,initコマンドもしくはtelinitコマンドを利用します。(左は前のランレベル”N”)

runlevel.jpg

 

 

 

 

 

 

rootのパスワードを忘れた場合でも,シングルユーザーモードではログイン無しでシステム利用出来るので,

パスワードの再設定を行う事が出来ます。パスワードを必要とするディストリビューションもあります。

またパスワードを必要とするように設定する事も出来る。

ディフォルトランレベル

[root@localhost ~]# cat /etc/inittab
#
# inittab       This file describes how the INIT process should set up
#               the system in a certain run-level.
#
# Author:       Miquel van Smoorenburg, <miquels@drinkel.nl.mugnet.org>
#               Modified for RHS Linux by Marc Ewing and Donnie Barnes
#

# Default runlevel. The runlevels used by RHS are:
#   0 – halt (Do NOT set initdefault to this)
#   1 – Single user mode
#   2 – Multiuser, without NFS (The same as 3, if you do not have networking)
#   3 – Full multiuser mode
#   4 – unused
#   5 – X11
#   6 – reboot (Do NOT set initdefault to this)
#
id:3:initdefault:

# System initialization.
si::sysinit:/etc/rc.d/rc.sysinit