SanDisk Extreme USB3.0 高速フラッシュメモリ SDCZ80 32GBのパフォーマンスが良いと聞いたので、
普段使いのUSBとして使えると思い購入してみました。

実際にパフォーマンスを確認してみたら、以前パフォーマンスを計測したときと同じマシーンで
ローカルドライブやSDカードと比較してもかなり良い数値が計測出来ました。

OLD PC
crystaldisk

NEW PC
latest-pc
昨年購入したノートPCのローカルドライブはやはり5年前に購入したノートPCと比較してもローカルドライブの処理スピードが大幅に違う様です。

前回の検証
CrystalDiskMarkによるi/o性能確認

製品
SanDisk Extreme USB3.0 高速フラッシュメモリ SDCZ80 32GB サンディスク 海外リテール[並行輸入品]


サーバーを購入したり、ディスク交換や追加した場合に、
単純にI/O性能を測る事が出来るツールを確認。
前回は、Linuxのhdparmを検証しました。

CrystalDiskMark

ダウンロードページ
2012年2月12日[7/2008/Vista/2003/XP/2000, x86/x64, i18n]
http://crystalmark.info/download/index.html#CrystalDiskMark

インストールしないでもベンチマーク出来る方が、
何処でも利用出来て敷居が低いのでポータブル版をダウンロードして利用。

ダウンロードして展開
展開

実行ファイルをクリック(32bit/64bit版)
実行

対象ディスクの選択

ローカルディスクで実行
ローカル

外部SDカードで実行

それぞれのテストは100MBのファイル設定で2回ずつ実行。(Defaultは5回実行)
テストループ回数は多い程、サンプリングデータが増えてより正確なデータを得る
事が出来ると考える。