1

/etc/my.cnfを編集して,以下のラインを追加します。
log-slow-queries = /var/log/mysql-slow.log
long_query_time = 5
2

MYSQLを再起動して,コンフィグファイルを読み込ませる。
3
MYSQLにてコマンドで確認。

SLOWLOG.jpg

==============抜粋================

mysqld--log-slow-queries[=file_name] オプションで起動すると、
実行に long_query_time 秒より長くかかった SQLコマンドがすべてログファイル
に書き込まれます。最初のテーブルロックにかかった時間は実行時間に含まれません。

スロークエリログは、クエリ実行後、すべてのロックが解除された後に書き込
まれます。これは、ステートメントが実行された順序とは異なる場合があります。
ファイル名を指定しなければ、ホストマシンの名前に -slow.log
を付けたものがデフォルト名になります。ファイル名を指定し、パスを指定しない場合、
ファイルはデータディレクトリに作成されます。
スロークエリログは、実行に時間がかかり、最適化の対象となるクエリを見つけるため
に使用できます。大きなログでは、これは難しい作業になります。
mysqldumpslow コマンドを使用すれば、ログのクエリサマリを取得できます。
--log-long-format を使用すれば、インデックスを使用しなかったクエリも出力されます。

log-queries-not-using-indexes

log-queries-not-using-index