クラウドのレスポンスはそれぞれの地域やサービスによって様々です。
本格的にクラウドのレスポンスを測定する前に、リサーチとして以下のサイトを確認してみては如何でしょうか?
海外展開する場合にもユーザーへのレスポンスでサービスレベルを計測出来るので、
指標の一つとして参考になるかと思います。

IIJ GIO記事

このサイトはCompuware社が運営しており、Gomezパフォーマンスネットワークを使って各IaaS, PaaSに対する
レスポンスタイムと稼働率の測定を行っています。
具体的にレスポンスタイムを取るやり方は、全世界の主要都市(30都市のうちアメリカが18都市ですが)に配置された
測定箇所から定期的に各IaaS, PaaS上に作ったサイトへアクセスし、そのレスポンスタイムを計測するというものです。
60秒以上応答がなければダウンしているとみなします。この時、IaaS、PaaS上にはCloudSleuthが模擬ECサイトを構築し、
まずは40枚程度のサムネイル画像を表示させ、その中から1つの商品をクリックして大きな画像を表示するという
2つの動作が完了するまでの時間を計測しているとの事

Global Provider View

Cloudsleuth Applications

Cloudsleuth Response

Cloudsleuth Response

Cloudsleuth Chart

Cloudsleuth Response Tables

Cloudsleuth Response Tables

Cloudsleuth Availability

Cloudsleuth Availability