コマンド

tar , cpio, dd, dump, restoreなど

 

tarコマンド

ファイルやディレクトリーを一つのファイルにまとめたり,展開したりします。

zオプションをつけると,gzipを利用した圧縮もサポートします。「-」は省略可能。

=================================オプション====================================

-c アーカイブ作成 / -x アーカイブからファイルの取り出し / -t アーカイブの内容を確認 / -f ファイル名指定

-z gzipによる圧縮サポート /  -j bzip2による圧縮サポート / -v 詳細表示 

-u アーカイブないの同名ファイルより新しいのもだけ追加 / -r アーカイブにファイル追加

-N 指定した日付より新しいデータのみ対象とする。 / -M 複数デバイスへの分割を行う

–delete アーカイブカラファイルを削除する。

============================================================================

※ tar cvf /dev/st0 /home などSCSI接続されたテープドライブにアーカイブ作成なども可能。

 

アーカイブファイルの中身を表示

[admin@localhost ~]$ tar -tf /home/admin/atmarkit5th.tar.tar
atmarkit5th/
atmarkit5th/ADDRESS.sql
atmarkit5th/atmarkit.ini
atmarkit5th/delete.php
atmarkit5th/grant.sql
atmarkit5th/index.html
atmarkit5th/insert.php
atmarkit5th/insert_form.ini
atmarkit5th/jscripts.ini
atmarkit5th/select.php
atmarkit5th/select_form.ini
atmarkit5th/update.ini
atmarkit5th/update.php
atmarkit5th/image/
atmarkit5th/image/0.gif
atmarkit5th/image/1shori.gif
atmarkit5th/image/back.gif
atmarkit5th/image/henko.gif
atmarkit5th/image/kensaku.gif
atmarkit5th/image/line.gif
atmarkit5th/image/sakujo.gif
atmarkit5th/image/title1.gif
atmarkit5th/image/title2.gif
atmarkit5th/image/uketsuke.gif
atmarkit5th/image/xpress2.gif
[admin@localhost ~]$

アーカイブから特定のファイルのみ取り出す

[admin@localhost ~]$  tar -xvf /home/admin/atmarkit5th.tar.tar atmarkit5th/image/0.gif

 

 

tar.jpg

CPIOコマンド

 

=================================オプション====================================

-i アーカイブからファイルを抽出する。 / -o アーカイブを作成する。 / -p ファイルを別のディレクトリにコピーする。

-A 既存のアーカイブにファイル追加 / -d 必要ならディレクトリーを作成 / -r ファイル名を対話的に変更。

-t コピーしないで,入力された内容を一覧表示 / -v ファイル名の一覧を表示

============================================================================

 

[admin@localhost conf]$ ls /usr/local/apache2/conf/ | cpio -o > /home/admin/backup20071201
99 blocks
[admin@localhost conf]$

詳しくは,このサイトを参照する。

ddコマンド

=================================オプション====================================

if= 入力側ファイルを指定 / of=出力側ファイルを指定 / bs=ブロックサイズ指定 / count=回数分の入力ブロックコピー

============================================================================

※ddコマンドは,デバイス間でのディスク内容のコピーや,ブートディスクの作成などに利用されます。

次の例では,起動ディスクを作成する為に,カーネルイメージをフロッピーディスクにコピーしています。

[admin@localhost ~]$ dd if=boot.img of=/dev/fd0

dumpコマンド

=================================オプション====================================

0~9 dumpレベル指定 / u /etc/dumpdatesにバックアップファイルを記録 / f バックアップ装置指定

============================================================================

バックアップ例

[root@localhost home]# dump 0uf /home/admin/dumpbackup /boot
  DUMP: Date of this level 0 dump: Sun Dec  2 00:14:36 2007
  DUMP: Dumping /dev/hda1 (/boot) to /home/admin/dumpbackup
  DUMP: Label: /boot1
  DUMP: Writing 10 Kilobyte records
  DUMP: mapping (Pass I) [regular files]
  DUMP: mapping (Pass II) [directories]
  DUMP: estimated 8775 blocks.
  DUMP: Volume 1 started with block 1 at: Sun Dec  2 00:14:37 2007
  DUMP: dumping (Pass III) [directories]
  DUMP: dumping (Pass IV) [regular files]
  DUMP: Closing /home/admin/dumpbackup
  DUMP: Volume 1 completed at: Sun Dec  2 00:14:39 2007
  DUMP: Volume 1 8840 blocks (8.63MB)
  DUMP: Volume 1 took 0:00:02
  DUMP: Volume 1 transfer rate: 4420 kB/s
  DUMP: 8840 blocks (8.63MB) on 1 volume(s)
  DUMP: finished in 2 seconds, throughput 4420 kBytes/sec
  DUMP: Date of this level 0 dump: Sun Dec  2 00:14:36 2007
  DUMP: Date this dump completed:  Sun Dec  2 00:14:39 2007
  DUMP: Average transfer rate: 4420 kB/s
  DUMP: DUMP IS DONE
[root@localhost home]#

 

 

bootbk.jpg

[root@localhost home]# ls -l /home/admin/dumpbackup
-rw-r–r– 1 root root 9052160 12月  2 00:14 /home/admin/dumpbackup

[root@localhost home]# cat /etc/dumpdates
/dev/hda1 0 Sun Dec  2 00:14:36 2007 +0900
[root@localhost home]#

RESTOREコマンド

 

=================================オプション====================================

r 全てのファイルを取り出す / i 対話的にファイルを取り出す / f バックアップ装置のデバイス指定

============================================================================

リストアのテスト

[root@localhost home]# dump 0f /home/admin/dumpbackup2 /home/www/
  DUMP: Date of this level 0 dump: Sun Dec  2 00:17:23 2007
  DUMP: Dumping /dev/hda3 (/home (dir /www)) to /home/admin/dumpbackup2
  DUMP: Label: /home
  DUMP: Writing 10 Kilobyte records
  DUMP: mapping (Pass I) [regular files]
  DUMP: mapping (Pass II) [directories]
  DUMP: estimated 348 blocks.
  DUMP: Volume 1 started with block 1 at: Sun Dec  2 00:17:24 2007
  DUMP: dumping (Pass III) [directories]
  DUMP: dumping (Pass IV) [regular files]
  DUMP: Closing /home/admin/dumpbackup2
  DUMP: Volume 1 completed at: Sun Dec  2 00:17:24 2007
  DUMP: Volume 1 480 blocks (0.47MB)
  DUMP: 480 blocks (0.47MB) on 1 volume(s)
  DUMP: finished in less than a second
  DUMP: Date of this level 0 dump: Sun Dec  2 00:17:23 2007
  DUMP: Date this dump completed:  Sun Dec  2 00:17:24 2007
  DUMP: Average transfer rate: 0 kB/s
  DUMP: DUMP IS DONE
[root@localhost home]#

 

[root@localhost home]# ls -l /home/admin/dumpbackup2
-rw-r–r– 1 root root 491520 12月  2 00:17 /home/admin/dumpbackup2
[root@localhost home]# ls
admin  administrator  lost+found  mysql  subversion  www
[root@localhost home]# rm -rf /home/www
[root@localhost home]# ls
admin  administrator  lost+found  mysql  subversion
[root@localhost home]#

 

[root@localhost home]# restore rf /home/admin/dumpbackup2
./lost+found: (inode 11) not found on tape
./admin: (inode 360449) not found on tape
./mysql: (inode 65537) not found on tape
./subversion: (inode 131073) not found on tape
./administrator: (inode 196609) not found on tape
[root@localhost home]#

リストアされている事を確認。

[root@localhost home]# ls
admin  administrator  lost+found  mysql  restoresymtable  subversion  www
[root@localhost home]#

restoreを実行すると、restoresymtableというファイルがカレントディレクトリに作成されます。増分バックアップをリストアするときにこのファイルを使って、リストアするファイルの情報を得ます。そのため、すべてのリストアが終了するまではこのファイルが必要になります。リストア終了後は不要になるので、削除。

 

 

 参考URL

システム・バックアップを基礎の基礎から