新規に作成されるファイルのディフォルトパーミッションをrw-r–r–にしたい場合。

rw-r–r– = 644

ファイルの場合666からumaskを引いた値になります。なので必要なumaskの

値は以下のように出せます。 (※実行権限が必要ないファイル)

666 – 644 = 022

umask 022を実行すると以下のようになります。

[root@localhost ~]# umask 022

[root@localhost ~]# ls -l > Umasktest
[root@localhost ~]# ls -l
合計 112
drwxr-xr-x  4 root  root  4096  9月 22 22:13 BACKUP
drwxr-xr-x  2 admin admin 4096  7月 14 01:04 Desktop
-rw-r–r–  1 root  root    70  9月 29 23:55 T1
-rw-r–r–  1 root  root   762  9月 30 00:50 Umasktest
drwxr-xr-x 11 root  root  4096  7月  1 00:53 album
drwxrwxr-x  2 admin admin 4096  4月 21 02:12 db
drwxr-xr-x  2 root  root  4096  9月 16 23:11 linktest
-rw-r–r–  1 root  root   645  9月 30 00:07 ls-log.log
-rw-r–r–  1 root  root   706  9月 30 00:08 ls-teelog.log
drwx–x–x  2 root  root  4096  8月 12 20:59 permission
drwxr-xr-x  3 root  root  4096  9月 16 22:26 right
drwxrwxr-x 10 admin admin 4096  7月  5 00:10 share
drwxr-xr-x  2 root  root  4096  8月 12 00:45 split
drwxr-xr-x  3 root  root  4096  8月 12 20:49 worked

 

所有者だけがファイルにアクセスできるよう,パーミッション(マスク)を指定する
[root@localhost ~]# umask 077

 


ファイルを作成した場合のアクセス権 644 (666 – 022)

ディレクトリーを作成した場合のアクセス権755 (777 – 022)

[root@localhost right]# umask
0022

[root@localhost right]# vi umaskconfirm
[root@localhost right]# ls -l
合計 8
-rw-r–r– 1 root root 6  9月 16 22:23 umaskconfirm
[root@localhost right]# mkdir folder
[root@localhost right]# ls -l
合計 16
drwxr-xr-x 2 root root 4096  9月 16 22:26 folder
-rw-r–r– 1 root root    6  9月 16 22:23 umaskconfirm
[root@localhost right]#

 

 

i 変更不可オプション

[root@localhost right]# chattr +i umaskconfirm
[root@localhost right]# lsattr umaskconfirm
—-i——– umaskconfirm

-Rオプションでディレクトリーとその中にある全ファイルの所有者を変更する。

[root@localhost ~]# chown -R admin:admin share/