カテゴリー: PERFORMANCE

sql_mode
MySQLもPostgreSQLもコストベースのオプティマイザーがANALYZEによって収集したデータを基に、SQLの処理を最適化して実行してくれますが、必ずしも常にパフォーマンスが最適化される訳では有りません。そんな時 […]
pg_stats
SQLを実行すると、データベースにてParserが構文チェックしてSQL文にエラーが無いか確認した後に、RewriterがSQLを内部的に書き換えます。書き換えられたSQLをOptimizerがどのように実行するかを統計 […]
work_table
データの集計処理をしていると、再実行すれば良くてリカバリーは不要なので早く処理したい!! というニーズがあるかと思います。そんな時はワークテーブルを活用したりして、時間を短縮されている方も多いかと思います。ワークテーブル […]
PARTITIONING
PostgreSQL Partition PostgreSQLでは、RANGE、LIST、HASHパーティショニングをサポートしています。 PostgreSQLによるパーティション設定例 留意:ALTER TABLEする […]
MATERIALIZED VIEW
マテリアライズドビューは一般的なVIEWと異なり、データをVIEWの中で実体化する為、VIEWの様に実行される度にデータを定義されているテーブルから呼び出す必要がありません。その為、複雑なSQL処理で且つ更新頻度が低いデ […]
pev2
SQLのDML処理の改善をする為には各RDBMSのオプティマイザーがそれぞれの環境でどのようにSQLを処理しているか知る必要があります。EXPLAINコマンドがMySQLでもPostgreSQLでも提供されていますが、結 […]
unused index
RDBSのパフォーマンスは、SQL構文、Index、データサイズ等に依存していますが、SQL構文の得手不得手はデータベースの種類にもよって、オプティマイザーの処理が異なるので変わってきます。それぞれのRDBMSが苦手な処 […]

最近のコメント

表示できるコメントはありません。